沖縄ダイビングは一生の趣味です

高校生の時に沖縄に引っ越しをしました。沖縄に最初は慣れることがありませんでしたが、父が海へよく連れて行ってくれてダイビングをしようと誘うので、怖かったのですがやってみるとすごく楽しくて、一気に沖縄が好きになりました。地元を離れてずっと寂しい気持ちを抱えていたのですが、ダイビングをするようになってからもやもやした気持ちがなくなり、明るい元の自分に戻ることができました。

社会人になっても、ダイビングはずっと続けています。ダイビングライセンスを取得することで、さらに沖縄の海の魅力がわかり、より深くダイビングを楽しめるようになりました。父は最近はダイビングをしなくなりました。年だと言って笑っています。私は仕事、ダイビングに夢中で、暇があればダイビングをするような男になりました。

沖縄の海って潜るたびにいつも違うように見えるので不思議です。ダイビングをしない友人から、ダイビングをそんなにして飽きないのかと言われるのですが、飽きません。健康で体力が続く限り、きっと沖縄ダイビングをやめることはないと思います。沖縄に来たことは運命で、自分の人生で生きがいになるものを見つけました。それがダイビングです。

ダイビングをするようになってからは、ダイビング仲間ができるようになり、すごく信頼できると思っています。高校生の時に引っ越しをしてきたので、学生時代の友人はほとんどいません。その代りにダイビングをすることで年齢はバラバラですが仲間ができました。すごく絆が強くて、何があれば相談したり、されたりする仲になりました。

ダイビングをするようになってから、他のスポーツをするようになり、毎日筋トレをするようになりました。初めて沖縄に来た時は、どうしてこんなところに来てしまったのかなと思いました。あの頃の自分を思い出すと笑ってしまいます。本当に遠いところから来たので、沖縄を好きになれるか不安でした。

父のおかげで沖縄が好きになり、沖縄の海を知り、一生の趣味ができました。ダイビングをしているとけっこう女性からモテますし、一緒にダイビングを楽しんでくれる恋人ができたら最高ですね。今のところそういう女性はいませんが。沖縄で体験ダイビングをしている観光客を見ると、初めてダイビングをした日を思い出します。とても懐かしいです。こんなに素晴らしい海があるなら、潜らないと損だと思います。ダイビングをしたら絶対にダイビングを好きになると思います。

新着情報